北海道ではおせちを食べないって本当?大晦日に食べる習慣があるの?

北海道のおせち

この記事を読んでいる人は、お正月には当たり前のようにおせち料理を食べている人も多いと思います。

でも知ってますか?

北海道では対多数の家庭が、お正月におせちは食べません!!

  • 正月に食べないなら、おせちはいつ食べるの?
  • そして、お正月には何を食べるの?

というように、疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

今回は、そんな北海道のおせち事情について解説していきます!

 




北海道ではお正月におせちを食べない

おせち料理

北海道の家庭では、新年におせちを食べないと最初に言いましたね。

それでは、おせちは一体いつ食べるのでしょうか。

気になりますね。

北海道ではおせちは大晦日に食べる

実は、北海道ではおせち料理は大晦日に食べるのが一般的です。

夜までにせっせと料理の支度をし、夕飯時になると家族みんなで食べ始めます。

北海道で生まれ育った私の感覚では、クリスマスの夜にご馳走を食べて、さらに一週間後の大晦日にもご馳走を食べられるという幸せな年末でした。

私の北海道の実家では大晦日の7時頃からご馳走を食べ始め、紅白歌合戦を見ながらだらだら食べ続けるというのが毎年の光景でしたね。

クリスマスイブのウキウキ感と同じで、「明日から新年だ~」と思いながらご馳走を食べるのは楽しいものです。

「北海道は新年のお祝いをフライングするの?」

と思う方もいるかもしれませんが、個人的は大晦日にお祝いを始めてしまうのは大賛成!

お祝いしながら一年の終わりを締めくくるのも良いものですよ。

 

お正月には何を食べるのか

雑煮

 

さて、おせち料理を大晦日に食べてしまったら、お正月は何を食べるの?と思いますよね。

家庭にもよりますが、はっきり言って「前日の大晦日の残り物」という家庭が多いと思います。

用意したご馳走は、大晦日に食べきれないことがほとんどですから、必然的にお正月は残ったものを食べることになります。

それと、お雑煮はお正月のために用意して食べることが多いですね。

他の地域のように、「さあ新年が来た!さっそくおせちを食べよう!」というわくわく感がないのは少し寂しいかも!?

おせち自体食べない家庭も多い

 

寿司

北海道ではおせちはお正月ではなく大晦日に食べるという話をしてきましたが、実は食べるのはおせち料理ではないという家庭も多いです。

北海道といっても範囲広いので地域によって異なるかもしれませんが、少なくとも私が育った地域ではおせち料理を食べる家庭を見たことがありません。

縁起が良いとされる食べ物を、しっかりと重箱に詰め入れた「THE・おせち!」というのは、私は大人になって北海道から離れた時に初めて見ました(笑)。

北海道で私が住んでいた地域では、大晦日には重箱に詰まったおせち料理ではなく、いわゆる「オードブル」に近い雰囲気のご馳走がテーブルに並ぶ家庭が多かったです。

私の実家は「お寿司」「揚げ物」「うま煮」「カニ」が鉄板でしたね。

また、大晦日の夕飯の時間にたっぷりとご馳走を食べるので、年越しそばは寝る直前か年が明けてから食べることもありました。

う~ん、北海道民は大晦日に食べ過ぎですね(笑)。

 



北海道でおせちを大晦日に食べるのはなぜ?

北海道なぜ?

 

では、北海道で大晦日におせち料理を食べるようになったのは何故でしょうか。

その理由については私も知らなかったので、調べてみました。

昔(江戸時代)は日没後に日付が変わっていたのが理由

 

北海道でおせちを大晦日に食べる理由は、江戸時代の暦【太陰暦】が関係しているそうです。

  • おせち料理は江戸時代から普及され、当時は大晦日の夜に食べるのが習慣だった。
  • そのころの暦では、太陽が沈んだ前日の夜から新しい一日が始まると考えられていた。

江戸時代には、大晦日の夜はすでに「新しい年の始まり」だったわけなんですね。

その後、太陽暦に変わった明治時代には夜中の0時から日付が変わるようになったそうです。

そこから次第に新年におせちを食べる風習に変化していったのに、なぜか北海道や東北の地域では古い習慣が残ってしまったようです。

実際には北海道や東北でも、家庭によってはお正月になってからおせちを食べ始めることもあるようです。

北海道は開拓地なので様々な地方の人が移り住んできた場所です。

地域や家庭の流れによって、習慣も異なるんですね。

まとめ

 

北海道おせち料理のまとめ

以上、北海道のおせち事情についてまとめました。

北海道では・・・

  • お正月ではなく大晦日におせち(またはその他のご馳走)を食べる家庭が多い
  • お正月には大晦日の残り物を食べる
  • 江戸時代の暦の風習が今も残っている

おせち料理を大晦日に食べるにしてもお正月に食べるにしても、慣れ親しんだ習慣がやっぱり一番しっくりきますよね。

私は北海道外に住む今でも、大晦日にご馳走を食べ始める習慣が続いています。

今では重箱にキレイに詰められたおせちも好きなので、今年の年末には奮発してネット予約でもしてみようかなぁと思っています。

 

おせち料理 他の記事も人気です!

料亭おせちランキング 2022年版・料亭おせち人気ランキング!
匠本舗の料亭おせち各種 京都岩元の料亭おせち口コミ・評判

京都東山の料亭「道楽」が監修したおせち「新玉の息吹」

林 シェフ(林裕人)監修の超特大一段重おせち!

三世代や子供と一緒に食べるなら北海道函館「花びしホテル」のおせち

京都円山の料亭「東観荘」監修のおせち【華寿千】と【松寿千】が人気!

匠本舗おせち 予約 匠本舗の料亭おせち2022年版 早割の予約受付開始
匠本舗おせち 支払方法 匠本舗でおせちを注文 支払い方法は全部でこれだけ!
匠本舗おせち 賞味期限 匠本舗の料亭おせち 賞味期限はいつまで?

 

 

タイトルとURLをコピーしました